スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お母さんのお勉強 27.7.20埼玉座学。

昨日は埼玉座学に参加してきました。

暑い時期はお散歩トレーニングはお休みなので
その間は飼い主力アップのために本を読んだり
またセミナーを受けたりします。
(大人になってからの勉強ってどうして楽しいんだろう~)
なので昨日はチャーリーママさんの座学に参加してきました。

大きなテーマは『吠え』についてです。
(詳しい内容は書きません、どうぞ是非!!受けてみてください)

チャーリーママさんのブログです、座学の案内もあります~


私が『なんとかしなくては・・このままではダメなんだ』と悩んであれこれ本を読んだり
ネットを見たり、そして『犬の幼稚園』にいれてみたりとしたのはジャムの『吠え』を何とかしたかったからです。

始めに『吠えってなんでしょうね?』と考えてみる所から講義は始まりました。

私もチャーリードッグスクールに入ってから何年・・4,5年、お仲間の皆さんと一緒に学ばせてもらえるようになって
はじめの頃の悩みとはちょっと変わってきています。
何が変わったのかというのは
『吠え』はうるさい、迷惑、困りもの・・・確かにそれもあるけれどそればかりでは」ないよ、と思えるようになった事。

人は言葉をはなすけれどワンちゃんは言葉は話さないのでその表現方法の一つは『吠える』ことなんだという事。
そう思うと何が何でも『悪もの扱い』することって、私たちに『喋るな、話すな』というようなことになりますもんね。
喋るな!と言われたって喋ってしまう私たち。ワンちゃんはガマン強いなぁと思います。

『吠える事』はワンちゃんの仕事の一つで、色々な事を私たちに教えてくれます・・・ただ度を超すとちょっと困ったりします。
それと私は『吠え=元気のバロメーター』的なところも感じます。
具合が悪かったりすると吠える事もしなくなりますよね。
だけど・・元気なのはいいけれどこれも度を超すと困ってしまう・・・

この時に『ちょっと今はもうここらで吠えなくていいよ』ということを伝えられ、ワンちゃんに『はい、了解』というような感じに伝わるようになれるといいなと^^
私はそのあたりを目指しています。

コミュニケーションの一つでもあっていろいろと表現してる事を
『あ~今そうなんだね』と例えば隣にいるワンちゃんが吠えていても嫌な気持ちになる前に少しワンちゃんの事をわかってあげられるように、吠えたら何が何でも悪るものも扱いにしないような空気ができれば、吠えるワンちゃんの飼い主さんも(私もそうですけど)肩身の狭い思いをそんなにしなくてもすむし、それというのは飼い主さんの事もワンちゃんの事も追い詰めなくてすむのでは
ないのかということですよね。
だからといって吠えっぱなしにしておくのはよくないことなので、それはワンちゃんにわかりやすい、伝わりやすい、優しい方法で伝えてあげます。

その為に私たちは学ばなくてはその方法を知ることも出来ないし伝えられないですから
基本のところから勉強していきます。

そして勉強で大事な部分でもある『ユーモア』も忘れないように^^
楽しく講義は続きました。

私は自分で思うのですが、
一生懸命になりすぎて、この『ユーモア』をつい忘れてしまいます・・・が!!
(一生懸命になりすぎて恐く感じられても困るし・・^^;)

でも、CDS(チャーリードッグスクール)で学ぶようになってからは
少し緩んだ気もします。
『クスッ^^』としたりまた『ワッハッハッ』と笑ったり^^

だいたい、完璧には私は出来ないのだからちょっとゆるい方がラクと感じるようにもなって。
(完璧ではないという事と、ユーモアは関係はないですけどね^^;)
そのゆるさがワンちゃんにも完璧を求めず、だからそんなに凹まずすむ部分もあるのかなぁと思います。
今はこのくらいでも明日は出来るかも?!しれないし、出来ないかもしれないけれど、そんなに気にすることでもないかもしれないし・・・とかね。
そういうゆるさ??というか柔らかさと私は思っているのですがそういう空気感はきっとジワジワと体の外にもでてくるんじゃないのかなぁ・・・などとも思います。
あとプラス、ユーモア。

我が家はジャムは生真面目なところがあるから(難しいタイプの仔)、私は特に意識して明るくユルユルいられるようにしています。

でも、だからといって吠えっぱなしとかやりたい放題というのとは違います。
そういうところは『度を越さない』ように接します。
その方法と言うか接し方は『ワンちゃんに伝わりやすい、ワンちゃんに優しく』です。

・・・そういう飼い主をめざしてずっと勉強をしていきます。

思えば、今のところ家の中での困りごと(家族限定ですけど)はほとんどありません・・・たぶん。
インターホンで吠えるけれど対応してる間には落ち着いているし。
食事の時も嬉しくて吠えたり、
家族が帰ってくるとこれもきっと嬉しくてお知らせしてくれてるわけだし、
窓の外を見てセコムして何か発見して吠えても私が対応すれば大丈夫。
(これは吠えないように少し環境を変えました!)

・・・やっぱり考えるのは『お散歩のときの吠え』だったりします。
でもジャムは距離があれば、その距離も相手によって色々変わるのですが、離れていれば大丈夫!!
離れていても見えるし、音だって匂いだって感じてるのだから、ジャムにはわかっているのだと思います。
見えてるから動けないところもあって、
「吠えないでいられるところで待っていようね」

ジャムは吠えないでガマンしてるのが私はわかります。
ジャムは頑張ってるんだなぁと思うといじらしくなって、出来た時にはやったね、お利口さん、すごいねと褒めます!
だから私だって頑張らねばと思います。

本当は自分から距離を取れるようになれるとジャム自身がラクなのではないかと思うので
そこは引き続き様子を見ながらチャレンジできればなぁとおもってはいますが
発作の事を思うと無理はしたくないのでそりあえず様子は見る、という形でしばらくは行こうと思います。
(昨日チャーリーママさんに質問してそうすることにしました)

そして学習理論の復習も。
何度受けてもすらすらと説明するのが難しいと感じます。
頭ではわかっていてもいざ説明を、と思うと考えます。

また新しい内容『身体プロンプト』の話もありました。
体を障れるようにしておくと先日受けてきたマッサージなど体をさわってリラックスさせてあげたり
そして補助的な事で優しく誘導してあげることは
ワンちゃんにもとてもわかりやすい方法なのかと思いました。

ワンちゃんが吠えるには理由がある・・リラックスしていて落ち着いてる状態なら吠えにくいそうです。
吠える理由、吠えるきっかけをこちらがしっかりと気づいてあげて、環境を整えてあげることはとても大切ですね。
もちろん飼い主の声かけ、行動もも環境に含まれます。
飼い主は『わんちゃんにとっていいもの』になっていること。
そして落ち着いた声かけ、行動ができるように心がけることもとても大切なことなんだと改めて思いました。
ワンちゃんにはすべてお見通しなんですね~

やっぱり『犬は先生』なんです。

そして女帝の^^;ララは・・。
もうララはララなので私の中ではそのまんまでオッケーだと思っています!!
あれこれ考えずその時のララを見て私は動こうと思っています、まだまだクルクル回るし、吠えるけれど^^;
『お姉さん的な犬になる一歩手前』なララ。
成長が楽しみなララです^^

ジャムもララも私も生きているんだから色々あって
うまく伝わる時もあればそうでない時もたまにある。
でも前を向いて明るく振る舞う事、笑顔でいる事、
こういう事からは脅かしたり怖がらせたり大事な物を奪ったりとかネガティブなものは出てこないと思います。

吠えるジャムララと暮らしていても私はとても幸せです。
毎日の暮らしが取り組みで楽しかったり、嬉しかったり新たな発見があったり。
2ワンが愛おしいと感じます。

そして先生とお仲間さんの存在がありがたくて
こういう風に導いて戴いてとてもありがたいと思っています。

チャーリーママさん、ご一緒戴いた皆さん~
ありがとうございました。

またよろしくお願いします。
スポンサーサイト

本を読もう、(その1)

最近のジャムとララの様子ですが(^.^)

特に大きな変化はなく、でも小さいながらも嬉しい変化もあります。

まずは、ジャムのお顔が柔らかくなったように見えます(^-^;
目の上の黒い毛が減ったのか、『上がった眉』に見えないからかもしれませんけど(^.^)

そしてお散歩では吠えるけれど、リードが緩んでいるとある程度の所で止まって、そして自分から私の方に戻ってこれることが少しだけど出来てきてます。
毎回ではないし、すれ違いは苦手だけど。
戻ってくるときは、『わん…』と捨てセリフのように吠えて戻ってきますけど(^-^;
以前は出来なかった事なので、

『私の所に戻ってくることを選んでる』
これが少しずつですけどね。
お仲間さんでこのようなお話を聞いていて、どんな感じなのだろうと思っていました。

ジャムを見ていて、『あ~こういう事なんだ!』と、少し、かなり嬉しい私です。(^.^)

そして、
今日読んだ本のことを少し。
本を読んでいると眠くなってしまうのですが、昼間なら大丈夫!

『犬のストレスが消えていくなで方があった』
というTタッチの本です。


この本を読んでいると所々日頃のCDSでの学びと通じるところがとても多いのです。

じつは2年位前にララとTタッチセミナーを受けたことはあります。

その時よりもなぜだか今の方がスーっと内容が自分の中に入ってきてる気もします。

お散歩でもからだのバランスを整えるように歩くことの大切さなどが書かれてまして。
体のバランスがとれてくると心のバランスもとれてくる。

呼吸を合わせて歩くこと。

小さな変化を喜ぶことの大切さ。

信頼関係を築く、飼い主とワンちゃんの共同作業…など。

私でもスイスイと読めた本です。(^-^;

心に残ったことは、
引用させていただくと、
p.112『人間同様すべての動物は完璧ではありませんから、ちょっとくらい困ったことはつきものなのです、今、飼い主さんが犬にしてあげられることを、丁寧に一緒にやってみましょう』(5行目から7行目まで)
というところです。

ついつい、自分を忘れて、ワンちゃんだけに求めてしまうけど、
ほどほどなところで一緒に歩けると(自分はかなり許してもらっている気もするのだから)いいのかな…。

そのほうがお互い幸せを感じるのかなと思いました。

あ、でもこれは諦めるということではないですよ。

…こんな風に思いながらも、実際のお散歩ではいろいろとありますけども。

今朝も、あったなぁ(^-^;

でもなるべく引きずらないように、前を見て、
ユルユルと頑張る。

最近のマイブームは『鼻歌』と、『勝手にアテレコ』

一人でクスッとしたりして(^-^;
怪しい私です。

ララの様子はまた今度。




横浜座学に参加しました。27・3・3

今日は横浜の座学に参加してきました。

たくさんの内容からまとめるのは難しいのですが

『犬について・犬とはどういう動物だろうか?』

私と暮らしているジャムとララはどういう仔なのか・・?

犬についての学びなのですが、
『飼い主自身が自分の犬のことをきちんと理解しているか?』

飼い主は自分の犬に対してどうあるべきなのかを1日通して学びます。

実は私はジャムを迎えたときは『ワンコとの暮らし』を今のようにある意味真剣に学んで、考えて暮らす事は想像していませんでした。

なんとなく普通に何の問題もなく暮らしていけるのだろう、と思っていました。
『何の問題もなく』というのはジャムとララに。

お散歩は普通に歩けて
好きな場所には行けて・・・

それがジャムの吠えから『こんなはずじゃなかった・・』となって。

それから私の思いを叶えたいがために始まった学びでした。
お散歩は普通に歩きたいし
好きな場所にも行きたい。

そして今、
お散歩はまあまあ普通に歩けます。
好きな場所にもまぁ・・行けます^^;
ジャムもだんだん落ち着いてきてるのが一番ですが
もっと一番なのは
大丈夫な自分!になってきたからなのかなぁ・・・・??
なぜ大丈夫、になってきたのか??それはよくわからないのですが^^;
だんだんとそう思えるようになってきた・・・ような・・・気がします^^;

凹むときもあるかもしれないけれど、またすぐ元気になれるような自分がいるかも・・?!
お散歩も好きな場所にもまあまあ行けるよ、と思えるからかなと思いました。

私は周りの目がとても気になる、それが私だから
吠えてるジャムを連れてる私が嫌で、
『あんなに吠えさせてかわいそう』と思われてることも嫌でした(実際にはじめのころは言われました)

でもチャーリーママさんのお散歩トレーニングに出るようになって
はじめはギャンギャン吠えてたジャムが散トレ終わりの時間には落ち着いていたことと
ここでは誰も吠えてるジャムと私に何も言われず、そのまま過ごせることができる。
今思えば、無反応を返してくれていたのかな・・・?
『そこにいるのは、わかっているよ、大丈夫』な反応だったのかな・・?
その時の私にはとても嬉しかった。

そして昨日の座学もそうですけど、『犬のいない散トレ』と言われるように
頭がパンパンになりながらも通って学びを続けて、少しずつ。
本当に少しずつだけど『大丈夫』な自分を作ってきてるのかなぁと思いました。

確か、吠えで悩んで始まった学びですが、
全体通して飼い主として、人としての学びになってるんだなぁと。
ジャムらずとの暮らしのための学び、パビー時代から大人犬になりやがては歳をとっていく、
生きてるのだからみんな同じ通る道だから、その一生をいかにジャムらずらしく共に過ごしていく、
そして私はどのように接していけばいいのか…

問題行動と言われること(うちの場合は吠えですが)困っていたところから始まった学びですが、
飼い主としてどうあるべきなのかというところを学んでいきます。

うちは安心して眠れる所なのかな?
眠りたいときに安心して眠れるってとても大事なことと。

これって当たり前のことじゃないかって思うところですが
ワンちゃんにとって本当にそうか?!
これに関してのたとえ話を昨日もお話があって、
とってもわかりやすくそういうことだよなぁ、となるほどと思いました。

安心できない飼い主と暮らす、一緒にいるって
緊張してそれどころじゃないよねって、
これが一番大事なところでいろいろな問題の根っこなんだなと思いました。

このことはチャーリーママさんが毎回座学で話してくださるところです。

そして昨日は抑制のお話で、
私にとってはあまり考えてこなかった部分のお話でした。
そうか、だから頭がパンパンだったんだなと、

一気にいろいろなことを考えた一日でした、
でもとっても楽しかった!!
勉強が学ぶことが楽しいって、学生時代はなかったこと!!^^;
だから今ついていくのも必死ですが^^;とっても楽しいんです。

・・・ということで本当のテーマ??についてはまとめてからまた書こうと思いました。
疑問も出てきたし、まともと気になってたこともなんとなく言葉になりそうな気がします。

無反応を返すことって苦手な私。それは優しさであって、真の強さも必要ってさらに納得した日でした。

チャーリーママさん
ご一緒いただいたみなさん

ありがとうございました。

さぁお仕事行こう!!










Kナインノーズワークセミナー(本編)

そして。

いよいよ、会場へ入りました。

私は緊張もありましたが、セミナールームでチャーリーママさんやお仲間さんのお顔を見つけたら^^
緊張もゆるみました。

うれしいし、心強い!
もう、私にとっても、皆さんの存在が『いいもの』になっているので^^
そこにいてくださるだけで嬉しいんですね。
緊張する場との対提示、まさにって感じですね。

ララはバッグの中で私の席の隣に荷物と一緒に置きました。講義の間もバッグの中です。
やっぱりたまに『ワンワン』となりますが、気にしないように、反応を返さないようにしました。
声をかけたり、バッグをのぞいたりしないように。
これは電車に乗る時もそうしているので、そのうち静かになるから大丈夫。

講義の内容は書きませんね^^:
私の感じたこと、思ったことを書きます^^:

はじめは名前を聞いただけで何か特別な事、競技なのかなと思っていましたが
散トレでもお話を聞いていました、ノーズワーク。
どんなわんこさんでもどんな飼い主さんでも参加できる、特に特別なことをする競技ではないということで

匂いさがしの活発なララが楽しめるのではないかなと思うことと
飼い主はそんな犬についていくということを私はどんなふうに感じるのだろうという
ワクワク感もありました。

でも少々不安もありまして。
それは『長時間のバッグの中での待機』『少しばかりの^^;周りの物への吠え』

吠えて競技にならなかったらどうしよう・・・。
ダンボール箱とか見慣れない大き目の物とか吠える物あるだろうし・・・と

怖がりのララに『赤いリボン』をハーネスにつけさせていただきました。
他にリボンをつけた子はいたのかな・・・??

で、その不安はほぼ的中!!^^;
でも。
でもですね・・^^なぜか、私は笑ってしまった・・それは先生も周りの皆さんも
暖かく笑って受け止めてくださった、と思ったからなんです^^

先生は競技中もララを代弁してくださってるかのように
『おいしい、おいしい、っていってるよね~』とか
『え、もっと頂戴って?はいはい』とか
ララは箱が変わる度に吠えてましたから・・
いちいちワンワンと。
でも私も聞いてるうちにララの吠えが言葉に聞こえてしまい
おしゃべりしながら食べてるよ・・と思って、笑ってしまいました。

そしてやっぱり、あれは何か機材なのだろうけれど、黒い物体。私から見たらもちろん小さいのですけど
これにララは吠えました!!あ~やっぱり。
でも。
周りで見てる方も大笑い^^私も大笑い。
やっぱり、思っていた通りだったから。
ウケてしまったね~~
またもや緊張がほぐれたし。

最後にララの番が終了の時も先生の方に向かい一声ワン!との声に
『ごちそうさま、って言った?はい、どういたしまして』って。

これが1回目のララ。
全部で3セットありました。

あ、やっぱり怖がりのララ、ここでも『ピョンと後ろへ下がる』シグナルを出してました!
古本先生にも『怖がりの子は箱を抜くときは気を付けてくださいね』と言われました。


参加のわんこさんは10頭。
大きいわんこさんもいるし、(一番小さいのはやっぱりララですけど^^;)
ララは7番目。順番的にいいところかなと。

で、感動というか、印象に残っているのは
車いすでの参加のわんこさんもいました。
はじめに『どんな犬でも参加できる』という話もありましたが
ほんとうにそうですね、後ろ足は不自由かもしれないけれど車いすで上手に
スイスイお鼻を使って、楽しそうにダンボールの箱の中にお顔を突っ込んで、
イキイキ見えました、
すごいですよね。

2回目も同じように、飼い主はただ黙って自分の犬について行くだけ。
そしてびっくりしたのは、1回目はそのように動くたびに吠えていたのに

あれれ???吠えないよね・・・?
古本先生からも『吠えが出ませんよね??まるで吠えるのを忘れたかのように匂いを探していますよね』と。

そうだそうだ、ララ吠えないね??すごいね、そう思いながらもついて行ってはおやつを追加したり
私もララについて行くのに必死なのでエクササイズもあっという間に感じて2セット目も終了。

ララ、すごいじゃん!!
ララどうしたの??お母さんはビックリだよ。

途中休憩やスタンバイまでの時間などもあって外にでて歩いたりもできたし。
(そうそう!公園もあってコリちゃんれあちゃんと息抜き散歩もできたし。)
室内にはトイレシーツもたくさん準備してくださいましてありがたかったです。

私たち人も休憩タイムではおしゃべりも。おやつもいただいて^^

そして最後のエクササイズはリードをつけたままで同じように行いました。
ララは全く吠えなくなりました。
吠えるよりもお鼻をつかって匂いを探すほうが楽しいように見えました。

小さいララの後姿がとても頼もしく感じて、3セット目はリードをつなげてでのエクササイズだったので
ララの邪魔をしないように気を付けてついて行きました。

レベル1はここで終了。

普段のお散歩も匂いかぎが多いララ。
歳をとって目や耳がだんだん不自由になっても鼻は匂いをかいでいける、
匂いの世界で生きる犬。
においを嗅ぐということは犬らしい、犬の自然な行動で。
犬らしく、もっとたくさんさせてあげたいと思いました。

それをさっそうと歩けないから、恰好悪いからとかで
リードで引っ張ったり、叱ったりするのは違いますよね。
においを嗅ぐことで犬はリラックスしていく、ということ・・。

抗議の中でもエクササイズの中でも
今までの学び、散トレ、座学などチャーリーママさんのお話などと
とてもリンクしてまして。

あ、わたしが気持ちに残った言葉があります。
『見つけた物は犬の物』
だからくわえたものを取り上げたり、口をこじ開けてとったりする人の行動は
犬にとっては不明でわけのわからない事、不信感を持たせてしまうんだなとあらためてそう思いました。


当日その日よりもこうしてまた振り返るのは大切で改めてたくさんの事を思い出しました、
整理しないと。

今までよりもさらに普段のお散歩の匂い嗅ぎがとても特別に感じ、愛おしくて
そういう犬らしい行動にさらに付き合っていこうと思いました。

においの世界・・・。
ジャムとララにさらに犬らしく生きてもらいたいなぁ!!

そのために飼い主として私ができること、協力できることは・・・。
気持ちを寄り添って、そしてやっぱり学び続けることかな・・。


古本先生をはじめセミナー関係者の皆様
ご一緒いただいたチャーリーママさん
お仲間のみなさん

素晴らしい学びの時間を
ありがとうございました!!















横浜での座学。15.1.20

昨日は横浜で座学があったので参加してきました!

テーマは『犬の言葉が聞こえますか?』
昨日の私の心に残ったチャーリーママさんの言葉で

犬の言葉は見ようと思わないと見えない、感じようとしないと感じられない。

犬の言葉、ボディランゲージ、争わないように、落ち着こうと自分や相手に見せるカーミングシグナルは
一瞬、瞬間で変わってしまったりするので、よく見ていないとこちらが気づかないことがあります。

たくさんの動画を使ってのお話もあって、ララが潮風散トレでの映像が流れました。
『障害物』の代わりになったタンタンパパさんを飼い主さんとスルーして歩く、というレッスンをした時のものでした。

ララはピョンと飛んではねて離れた、そしてタンタンパパさんの膝にまとわりつくように前足をかけて
チョコチョコ歩き、私はララを呼んで、離れてはパパさんに名残惜しそうに気にしながらも、私について来た・・・という映像でした。
この『ピョンと飛び跳ねて離れる』これもシグナルで。
こうして改めて見直して私は気づきました^^;

あっという間ですよ、そしてすぐ次の行動、シグナルに移ってますから。
でもこうしてララもちゃんとシグナル出してる、私はそのララのシグナルを読んで
そうか、そうね、と気持ちを汲んで行動をする、
私はもちろんララの傍によって声をかけて一緒に歩いて離れたわけですが、
この時の私は気づいてなかった、というか見てはいたけど流れてしまったと思いました。
でもその時の自分の気持ちは覚えています。

『タンタンパパさんにオヤツももらったし、もうララにとってはパパさんは怖い人ではないんだな、それはよかったんだけどパパさんから離れないな・・・一生懸命呼んで私についてきてもらわなくちゃ^^;』だったかな。

それでララがまとわりついたことばかり見ていて一瞬飛び跳ねたことを見逃していました。
そのくらい早く次へ移ってしまうこともあります。

これを見逃さずにいたら、私のララへの声掛けや行動は少し変わっていたかも・・?
そしてララの反応も違っていて
ララからの信頼というか『お母さんわかってくれた!』と思って私の声掛けの反応にも
もう少し早かったかもしれないなぁ・・。

・・・などと振り返りながら見ました。
実際自分がどんな感じで動いたり歩いたりしてるのか、こうして客観的に見るのは新鮮でした。

ララって私が『う・・・!!』と思うような物汚いもの、臭いものに体をスリスリするし。
いつもない場所に何か置いてあると吠えるし、
ガンガン向かってくるものには噛り付くし・・

たぶんこうして勉強するまではして欲しくなかった事もたくさんします。

犬を動物として愛してあげる…byチャーリーママさん

犬として見てあげて愛してあげることはそういう『犬らしい行動を認めてあげる』
ということですよね。
でもそういうことだって犬とはどんな生き物か?を知ってないとわからないことで、
ただその時の犬の行動だけを見ていたらその行動が人からしたら困ったことで
『これは問題だ!やめさせなければ!』
と思ったら・・・なぜ犬がそういうことをするのかを見ることなく、やめさせなければとだけ思ったら
どうなってしまうのか?犬の気持ちは誰がわかってあげられるのだろうか・・・?

嬉しくてしたことや楽しくて騒いだこと、
気になるから文句を言いたかったことや
「来ないで!」と逃げたのに来るから抗議しただけなのに・・。
きっと言い分は犬のほうにあるんだろうなと思いました。

それを人がわからなくて理解できなくて、ただ叱っても犬には伝わらないし
一緒に暮らしてる飼い主さんがそうだと安心してそこにいるのも気持ちも休まらないだろうなと思いました。

私はララを迎えた時に決めたことは『絶対に叱らない。』ということ。

ララはララらしくいてもらいたいから、
たぶんしてほしくない事はたくさんしてるけどいいかなぁと思えること、少し汚い事とかも
『う・・・!』とおもうような事も命に関わることは違う方法で伝えるけれど
だいたいは許可してます。

だからとてものびのび育っていると思います。
気になることはあっても問題にして悩むことはしない。
私が理解してあげられて暮らせるならば、問題じゃないもんね!!
もう2歳?まだ2歳?伸びしろはあって。

ジャムもそう、5歳だけどまだまだよ~

たまに困ったちゃんな時もあるけれど^^;
それはほんの一部、楽しいことをたくさん見つけて、その楽しいことを見つけることも
きっと飼い主としての腕の見せ所!!なんて思ったりします。

私が『困った行動』と思ったらそうなってしまうけど私の働きかけでそうならずに済んだり
それでも『あらら~』と思うことがあっても笑ってやり過ごせたり、
また周りからもあたたかく見守られたらなおさら
頑張れそうな気もします。

あと越えられない壁は自分自身にもあって、
『周りからの目とか周りからの承認』
そんなことは気にしません、って言い聞かせても結構きにしていたのだと思いました。

気づいていて少しずつ殻を破ろうとしてる、私もまだまだ成長中です。

こういうこともジャムとララが気づかせてくれたかなと思います。

ジャムもララも同じお店から迎えた子ですが、お父さんお母さんは違います。
兄弟犬もそれぞれいました。ジャムはお兄さん犬お姉さん犬がいて、
2匹とも巣だって最後に迎えに行った私がジャムの母になり。
ララは兄弟はいたようだけど私が行ったときはララは小さすぎてなかなか手放せず
そろそろ体も小さいながらも大丈夫かしらね・・
という時に私が迎えてララの母になったんだなぁと
昨日は電車の中でそんなことを思い出してました。

生きてるといろいろあるよね・・、つらいことばかりでつぶされそうになるときもある。
でもみんなそう、自分一人だけつらいわけじゃないよね・・?!
そんな一日でも何とか過ごして夜になって朝が来るもんね。
そんなときに聞いた歌とかみた景色ってとても気持ちに残って、元気をもらって。
ちいさなハッピーを見つけて、嬉しくなったり^^

・・・お勉強の内容からずれてしまったけれど
あと大事なこと。
動けるということ、勉強もそうだしお散歩トレーニングにも
通えることを気持ちの奥に持って、大事にしよう。(うまく言えないけど・・・)


いろいろと気づきました。
頑張ろう。

チャーリーママさん
チーム横浜のみなさん
ご一緒いただいたみなさん

ありがとうございました。
















プロフィール

ジャムラ母

Author:ジャムラ母
2009年10月6日生
ロングコートチワワ 女の子ジャム
2012年6月8日生
ロングコートチワワ 女の子ララと
男子3人(夫・ブログの中では父と書いてます、長男、次男)と同居。

わんこトレーニング、家族の事、日常の事、
などなど勝手なつぶやき。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ワンコウォッチ[ジュエリック・シルバー]
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。