スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『吠え』がテーマの横浜座学。

昨日は横浜でチャーリーママさんの座学がありました。
テーマは吠えです。
動画もいろいろ見ながらのお勉強です。

吠えはジャムラズの永遠のテーマ。
ジャムらずは犬で私は人だからわからない事だらけ。

でも私たち『人』が犬に歩み寄るというか、
今はどんな気持ちなのだろう
居心地がいいのかな?
ここにいたくない、離れたいのかな?とか。

犬の気持ちを汲んであげられたら、もっとスムーズにいくことはとっても多いのではないのかなと思います。
気持ちを汲むというか犬の気持ちに寄り添ってみるというか・・。
気持ちに寄り添うって、優しい気持ちになりなすよねぇ、
相手の気持ちになってみる、
今、どう思ってるのかな、こちらから歩み寄るってこちら側が動くということですもんね。
気持ちと一緒に行動も。こちらから動いてみる。人が動く。

困った場面があっても、私たちが動くことで、その状態をなんとかスルー出来たり、
また回避したり・・・結果大丈夫だった!ということはあるんです。

吠え、なのだけれどそこにはこちらの行動とかあとはまわりの環境、それぞれ場所、肝心な犬の気持ちとか、
いろいろと関係して起こること(吠えもシグナルということなのです)なので
まとめて『NO』や『叱る』ですませることはやっぱりおかしいと思うのです。
私たちは人で相手は犬なのですもんね。
伝わらないのではないのかなと思います。
伝わるとしたら、NOといった時の怖い顔とか。

だったらもっとわかりやすく伝える方法を私たちが勉強して伝えること
今どう感じてるのかを私たちが見られるように犬からのメッセージ、シグナルを勉強することとか
つまり、
私たちの方から犬に歩み寄る気持ちが必要なのだと思いました。

問題行動と思ってる吠え
本当に問題なのかなぁと。

犬にとってはシグナルの一つなのだから、
今の気持ちを伝えてるわけなのだから
犬にとっては問題じゃなくて。
私たちが暮らしていく上で問題としていることなのかなと思いました。

だったら一緒に暮らしてる私たちからももっと歩み寄らなくては公平じゃないですもんね。
犬の方だけに『こうして!ああして!』とか、一方通行だし。

家のなかでの困りごとも
お散歩のときの困りごとも
飼い主とワンコちゃんが一緒に乗り越えるような気持ちが大事なのかなと思いました。

詳しいこと、こんな時はどうするのかなとかそういう専門的なアドバイスは
直接チャーリーママさんに聞いてくださいね^^

大事なことはわんこちゃんと一緒に乗り越える
そのための気持ち、心構えとお勉強が私たちには大切なことだと思いました。

不思議なことに・・・お勉強をしていくと自分のワンコちゃんのことが
と~~~~っても愛おしくなります^^

お勉強は座学と散トレ。そしてもちろん家での復習です、1つ1つ丁寧に取り組むこと。
取り組む内容はいろいろあって楽しく、でも基本は

名前を呼んでオヤツ

簡単なようで奥が深~い名前を呼んでオヤツ。
応用もあります~

この取り組むことが暮らすことにいつの間にかなってしまうんですよね~~^^

ずっと取り組んでいくと『叱り』の出るまくは、なくなってくるから不思議です。

取り組むことは暮らすことだからずっと一生。『命の終わるその時』までずっとだから。


・・・でも上手く伝わらなかったりして出来ないこともあります、お互い生きててその時の気持ちや状況もあるし。
そしたらまた少し戻ってみたり、またいつでも歩けます。

なんだかんだすぐ凹む私^^;でも戻れる場所もあるからまた前にすすめばいいし。

・・・テーマは吠えなのですけど、すべてに通じてる大事なことが座学では学べます。

吠えを問題としてる私^^;それは私が一緒にジャムラズと暮らしていく上で困っていて
問題としてました。

お散歩すれば人、犬に吠える。
家の中ならインターホン、家族が帰ってくると吠える。

暮らしていての私の困りごとで、それは今もあるけれど。

ジャムラズは私にお知らせしてくれて吠えていたり、ジャムラズ側の理由があるということがわかってきて、
だからあとは私がジャムらずに
『今は吠えなくてもいいよ。』を伝えることができて、そしてジャムラズが
『お母さんがそういうなら了解。吠えるのやめるよ。』
ってなればいいのかなと、これってコミュニケーションのキャッチボールかな?って思うのですけど・・・。

そういうことが暮らしていく中で少しずつ出来てくるとさらに愛おしくなるんです^^

出来ないことがまだまだある私とジャムラズ。
でも支えてくださる先生とお仲間さんもいるので心強く。

もっと頑張ってジャムラズのこと知りたい、知って仲良く楽しく暮らしたい。

あと実家のコロのことも大切。
コロとの出会いを思い出すとウルっとしてしまう。

座学に向かうときの電車から見える景色が帰るときは違って感じる^^
昨日はハッキリ、クッキリと。
やっぱり私が飼い主として凛とした強さと深く優しくありたいと、
そういう思いで帰ってきました。

たくさんのお話をチャーリーママさん、
ランチの手配などお世話になりましたてりままさんSamiさん、
ご一緒いただいたみなさん

ありがとうございました。

















スポンサーサイト

『マダムのための愛犬お手入れ講座』 2回目。

先日、『マダムのための愛犬お手入れ講座』の2回目を受けてきました。

DSC04650.jpg

本当にこういうタイトルなんですよ^^;

で、2回目はシャンプードライ、と
時間があればまた爪切りをお願いしました。

今回もトリマーさんの石川さんです。

まずはコーミングで毛玉などないか確認して

それからシャンプー台へ。

せっかくなので『マイクロバブル』で洗いましょう、ということで。

まずはララから~
小さいけれど行程は一緒^^;

まずは目を保護する軟膏を。
実際家でははぶいても大丈夫とのこと。

一応サロンのやり方で、ということでした。


地肌を洗うようにわりと強くても大丈夫、ということでしたが、
けっこうワシワシ洗いましたけどララは気持ちよさそうで^^

えっと・・・私はジャムラズの顔が洗えませんでした。
目や耳に入ってしまったり、体を洗うようには出来なくて、

いつも顔は最後にお湯で濡らしたスポンジで軽くふく程度でした。

でも教えていただくと洗えるもんですね~^^

もちろん顔にジャバジャバかけませんが、でも左手で顔をおさえて右手でシャワーのヘッドを持ちつつ
指を使って目の周りとか優しく洗ってあげられます。
耳もジョボジョボ入れるわけではないので
構造上奥には入らないから後で綿棒でふくと大丈夫とのことです。

でもお湯を含んだスポンジでもいいですよ、とのことでした。
無理しないで少しずつでいいですよと。

ララは涙やけがこのところ(春からずっと、たしか去年の今頃も悩んでたけど)あって
めの回りが黒く色がついてます。
なのでよ~くやさしく洗ってあげました^^

シャンプーはボトルを押すとすでに泡になって出る・・
この容器は欲しいなと思いましたがサロンでの販売はないとのことで。

この容器実は以前働いてた店でも使っていた容器でネット販売もあるけど
ホームセンターでも売ってるということを思い出したので
後で探しに行こう!!

リンスをして流したら終了。
耳を綿棒で拭いて(綿棒も犬用のもの)
ドライです。

サロンのセット台も天井から下がってるドライヤーも家にはないけど。

ドライヤーはエプロンに柄の部分を挟めば
両手は使えることを教えていただきました。

セット台はしばらくはお膝で乾かすことにすればいいかな・・・
(でもセット台はぜひほしい!!さがしてみようかな)
乾かし方もこうして実際見させてもらうと
やっぱり手さばきというか、勉強になります。

一通り終わってジャムと交代。

DSC04815.jpg

こんなにアワアワで^^;

DSC04816.jpg

この桶もほしいな・・。

穴があいてて栓もできる!!
これも探そう!!

今回も写真はほとんどなくて。
もう、見ることで必死ですから私。

時間がなくて爪切りは次回へ。
次は足回り、お尻回りのカットもやります。

ハサミとバリカンは持参します。

なぜ『爪切り』にこだわるのかというと

この前名古屋から帰ってきてるジャムラ父に保定を頼み私がララの爪切りをしたところ・・・
深く切って血を出してしまって。
ララ、ギエーーーーと鳴き。
急いで抱っこして切った爪を押さえて止血して・・。

やっぱりもう一度復習させてもらおうと思ったのです。
ララ、大丈夫かな・・。

黒い爪はわかりづらい、気を付けないと。

3回目は6月です。また頑張らねば。

14・.5・17 つくばお散歩トレーニング 

今日はつくばの散トレが高崎自然の森でありました。

途中ひなままさん、ひなぼんペアと合流。
今日は静かになるのが早かった!!
でも公園についたら
ジャムもララもやや興奮気味でガス抜きで歩いたけれどまだまだ興奮も静まらず。

何かがカンにさわるのか・・・。
自己紹介も最近はグダグダで。
でも今日はグダグダながら、抱っこして吠えやむこともあったりで。
(今までは抱っこしても吠えやむことはほとんどない、たいてい私が輪の外に逃げる感じ)
これはうれしかった。

DSC04817.jpg

吠えた時にジャムララを我に返す時にはっとさせる意味で回りの皆さんにも名前を呼んでもらおうと思い
今日はそれをお願いしてみました。

DSC04821.jpg

はじめましてのくるみくん、(お写真はないです)以外は顔なじみのお仲間さんばかりのはずなのに
今日は落ち着いていられなかったな・・・ジャムもララもよく吠えてました^^;

でも私も前よりは動じなくなった、前は『どうしよう、どうしよう』と焦っていて^^;
今でも焦りというか、
『ん・・・名前を呼んでみよう、反応しないな、じゃインターセプトか??』
それでもだめなら・・・と考えてる自分がいます。

だけど、ワンコだって調子があるから乗ってる時もあればそうでないときもあるだろうし。
きょうは風が強くて、風ってジャムは苦手だし。
いちいち気になるときもあるよね。

毎回同じ調子で歩けない仔だっているもんね!

だけどジャムとララの表情はまぁ暑くて口元も緩んでるせいもあるけれど、
ニコニコしてる風な…
だから私はただ嫌な感情だけで吠えてるのではなくて、
お喋り(^_^;)))いちいち気になって声が出てしまうような…
『こっち見ないでよ!』とか『あなたどこから来たのよ!』とか、いろいろついつい…(^_^;)))
そう思うと叱ったりするのは絶対違うと思う。

DSC04820.jpg

みんなで広場まで歩いて。
デモとチャーリーママさんのレクチャーを聞きます。

名前を呼んでおやつの3つのバージョン、デモはアズアズさんとルーク君。
いろんなことにチャレンジしてて毎日がとても楽しそう!
普段のお散歩だってゲームのように楽しんでるところは
私はなかなか真似したいけど出来ません^^;

デモ中に質問タイムとなり、ここでママさんからもお話がありまして。

名前を呼んでおやつは1,2,3と三つのバージョンがありますが
その中の2番目のことについて。

名前を呼んで1テンポあけるのですが、この1テンポあけることによりワンコちゃんの色々な行動というか、
どんな行動をしてもオッケーだよ、というようにおやつを口に入れます。

お座りしたり、伏せたり。アイコンタクトはもちろんですが。
ここでわんこちゃんのいろんな行動を引き出すようなつもりで。
そして『物語を作りやすい仔』にはそれを崩すような感じで・・(でしたっけ??)

つまり『お座りしたからオヤツでしょ』というところをちょっと変える、
お座りしなくてもオヤツがもらえる=どんな行動もオヤツだからワンコちゃんの行動そのものがオッケー、

この2バージョン目のは名前を読んだ後のワクワク感を条件づけするので
どんな行動にも=オヤツ
このワクワク感が3つ目のバージョン『動く飼い主さんについていく』につながって

またそれがマグネットにつながっていくんですよね。
全部つながってるんですよね!!

あーー今日はすごい勉強した感じがします^^
アズアズさんいろいろと聞いてくれてありがとう!!

こういう難しいこともママさんはとてもわかりやすく説明してくださいます。

オンリードのおいでのデモは風子さんとフィーリ君。
フィーリ君は風子さんについていくのが楽しくて仕方がないようで、

いつみてもホレボレします。で、風子さんの呼びかけ声掛けって
思わずわんこちゃんに♪がでてついて行きたくなる感じ、
それはジャムが歩かなくて固まったときに『ジャムちゃ~ん♪』とそのなまえの後にいろいろと音がついてくる感じ~
ジャムは♪出しながら歩きましたよ。
こういういいところはどんどん真似させていただきます。

その『名前の呼び方』についてもママさんからお話があって。

行動を止めたいときについ出てしまうわが子の名前。
でも実際に呼ぶと聞こえてないかのようにつまり声が届かないと思うことが私は多々あるのですが、

そんな時に呼んでるのはキツイ呼び方だったり、焦った呼び方だったり。
せっかく名前をいいものとして条件づけしてるのに。

だからそんな時はできるだけニュートラルな感情をこめすぎないフラットな、感じ?
私は今日の自己紹介でも皆さんにお願いしたことで、

ジャムララが吠えすぎてハッと我に返す意味もあって周りの方からも名前を呼んでほしいです。

ということ。
これは周りの方からの呼びかけはフラットで力みがないところがワンコちゃんにフッと届くのでは、
ということでした。

たしかに。
私は吠えを止めたくて『ジャム!!ララ!!』と感情こめて呼んでしまっていて
でも周りからはジャムちゃ~ン、ララちゃ~んと呼ばれるから本犬はきっと『あれ??』となるのだろう・・。

話がとんでしまったのですが、風子さんもフラットに呼んでくれて、そして♪のおまけ付き^^
止まってたジャムはスンスンスン~と歩いたんですよね。

DSC04825.jpg

森の中は風が吹くといろんな音がして、その音は私だって怖くかんじるときもあります。

どんな所にいてもお母さんといたら怖くないよ、大丈夫という関係を私は目指してます。

そして今日はとっても面白い?ことがありました。
広場までチャーリーママさんと歩いたときの事で。
ララのそのときの行動をママさんは解説付きで話して下さったのですが、ホントにララが可笑しくて可愛くて、大笑いをしてしまったのですが、そのララの行動のあとに言ったママさんの言葉で、ララはまた何もなかったかのように歩きだしたのですが、隣で歩いていてママさんとララのやり取りを違う風に声かけや無視、などしていたらララは吠えていたのではないのかなぁと、思いました。
これは実際見ていないとわからないので、上手く伝えられないのですが。
こういう風に私とジャムらずも歩きたいなと思えた出来事でした(*^^*)

そしてお昼は青空ランチで。

今日は距離をとらせてもらいましたm(__)m

海苔をジャムらずにもお裾分け~

やっぱり外で食べるおにぎりは美味しくて、
とても幸せになりました。

私の幸せ=ジャムらずの幸せ、でありますように。

今ジャムはチャーリー組三年目、ララは二年目。

初めて散トレに参加した時はこんな風に感じる時がくるとは思いませんでした。

吠えにただただ叱りやNo.を言っていた頃はワンコとの生活が全く楽しくなくて、不安ばかりだったけど、
今はこうして幸せだ~と心から感じて、ジャムらずのいない生活なんて、考えられない、今。

たくさんのありがとうしかありません。

いつも遠くから来てくださるチャーリーママさん、
幹事のたまさん、たまちりさん。
そしていつも一緒に歩いてくださるお仲間の見なさん、

本当にありがとうございます。
夏休み前あともう一回歩けますように。

コロです~、推定7,8歳、男の子。

はじめましてコロです。

FBではちょこっと登場してましたけれど。

DSC04806.jpg

ワンコとの暮らしを強く望んだ実家の両親に
私が間に入って迎えた仔です。

顔は出してはいませんが、両親はもうかなりの『年寄り』です。

以前から私が実家へ帰る時はジャムラズを連れて帰ってました。

吠え吠えのジャムラズですが、両親にはすぐに懐いて。
得意のお膝に乗ったり^^;
ペロペロ攻撃~

両親はジャムラズを通して『残りの人生、ワンコと暮らしたい』^^;と
ペットショップなどへよく見に行っていました。

一緒に暮らしたい気持ちは理解したいけれど
ペットショップから迎えるのはやめてほしい!!(自分たちの年齢も考えてそれはしないとは言ってはいたけど。)

やはり巷ではペットは『お店で買う』と思ってる、両親もそうでした。

そこで私は『保護犬』の話を両親にしたところ、

それでもいいと。
自分たちに飼えるワンコなら、私に任せて、見つけてほしいという事になり、

私がネットを通して探すことになりました。

・・・それが去年の12月頃。

何件かの里親さんとメールでやり取りをしましたが、
なかなかご縁がなく。

両親も私も諦めかけて・・・。

でもアンテナはとりあえず伸ばしておいて、何か話があったらその時はまた
動いてみようと思っていました。

そんな時FBでチャーリーママさんがシェアした

『チワワ50~100頭保護!』を読み、
即、電話をかけて、連絡を取らせてもらいました。

NPO WAMPERSEさんです。

もう急展開で話しが進み。

じかにチワワちゃんを見に千葉の東金のシェルターへ行きました。

電車で2時間。車だともう少しかかるかな・・

緊張もドキドキもこういう行動をとることは初めてなので
よくわからないのですが、
電話で対応してくださった代表の奥様が駅まで迎えに来て下さって

チワワちゃん5頭と対面しました。

それぞれクレートに入っていて

みんな薄汚れていました。

迎えに来て下さった奥様が『引き出してきたばかりの仔です』と。

クレートの中で酔ってしまったのかな、吐いてしまってる仔、
怖いのでしょう、クレートの奥にうずくまってる仔

反対にクレートの手前の方で伏せてニコニコしてる仔。

その仔たちを見たら胸がいっぱいになってしまいました。

可哀想とか、そんな簡単にいえる言葉ではなくて、
なんだろう、うまく言えない、でもこの子達は私が飼ってるジャムラズと同じ『犬』なんです。

迷う事はなく私はこの仔たちから両親へのワンコをともう決めてました。

でも引き出したばかりの仔たちなのでこれから病院へいき、年齢など、今すべき治療の必要な
病気があるのかないのか、など調べなくてはならいということで、
いったん私は帰り、その結果を待って決めることになりました。

選ぶなんてことはしてはいけないような気もしながらも
私の中では3頭の仔が気になっていました。

一番はどうもジャムに似ている仔と
クレートの前でニコニコしていた仔2頭。

そして待っていた連絡があり、再び東金へ。
もう迎えるために空のクレートを持って。

その日は『秋ヶ瀬の散トレ』の日だったので、終了後、ジャムラズは実家に預けで
私一人で迎えに行きました。

散トレ帰りなのでオヤツを持って^^

2時間なんてなんのその~

そして対面。

DSC04798.jpg

右が迎えたコロ。
隣はジャムに似てると思った仔。
でもね、よくみるとジャムには似ていない。

コロは、
私がオヤツをあげると他の仔にとられてしまう^^;

だからちゃんと食べられるようにホントに口元であげても
取られてしまう・・・^^;

でもニコニコしてる。

少しドンくさいの~??でもそこがカワイイと思って。

コロを迎えることに決めました。

この日は他のチワワちゃんたちも
ボランティアさんたちがシャンプーして下さっていて

初めに見た薄よごれた状態ではなかったし、
みんな人懐っこいなかな、わたしのオヤツにくぎづけ^^;

可愛いかったんですよ。

コロは推定7,8歳。男の子(みんな男の子でしたけど)
病気もありません。歯もあります。

コロを抱っこさせてもらいました。

なんだろうな・・・こみあげてくるものはやっぱりある。

絶対に幸せになろうね、

コロをクレートに入れてまた奥様に駅まで送って戴いて実家まで
電車で帰りました。

ジャムラズとはまだ対面していません。

実家に着いてまずジャムラズをクレートに入れ車に乗せて待機させて
コロをそっと両親に渡しました。

もうすっかり暗くなっていたので、
まずはお水。
食べれそうならフードを・・・
私が持って行ったヤギミルクにフードをふやかしてあげたところ・・・

完食!!!

すかさず『いいこね、おりこうさん』と。
もう嬉しいいい言葉を重ねて
たくさん褒めて、褒めて。

私はまだまだ未熟者ですが、チャーリーママさんのもとで
スクールのみなさんと学ばせてもらってよかった!!!

迷うことなく褒めて褒めて叱りなんていらない。嬉しい体験をこれからのコロの犬生いっぱいにしてあげようと
こころから思える。

・・・もっといたかったけれど私もジャムラズとつくばに帰らないといけないので。

後ろ髪ひかれながらも家に戻りました。

毎日実家へ電話をし、コロの様子を聞き^^
今までこんなに電話をしてきたか?!と父に笑われ^^;

でも気になりますもん。

後日実家へ行きコロのシャンプーと諸々の買い物をして

DSC04802.jpg

シャンプーは一度だけバタバタしたけど
なんなくクリア・・?かな??

DSC04814.jpg

ふかふかの毛布も用意してあったけれど

一番初めに伏せたタオルの上がまだ落ち着くようで。

DSC04808.jpg

サークルはピンク^^です~

たまにトコトコし・・

クルッと2回まわって伏せるコロ^^

明日は病院へ行ってワクチン、フィラリアなどの相談をしに私も同行して行ってきます。

コロにとって私は叔母のような感じ?かな??

最近はお散歩は母の日課。

そして名前を呼ぶと嬉しそうについてきて

ご近所のアイドル的な存在のようです^^

両親の顔が何となく柔らかくなったように感じます、娘として嬉しい。

長くなってしまいましたけど。

これからたびたびジャムラズのこのブログに登場しますので

どうぞよろしくお願いします。












テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

一番の問題だったのは私達人間の方。

今日は茨城県動物指導センターに、CDSのお仲間さん、ジ~コタ母さん、風子さん、と一緒にセンターの方からお話を聞きに、
そして施設の中を見学させていただきました。

2月にもあったのですが、私は行くことが出来なかったので。

私が住んでいるここ茨城県は犬の殺処分ワースト1です。
『私は関係ないから』という風に考えてはいけないと思うのです。
自分の目で見て、実際に働いている職員の方からの話を聞かなくてはいけないと思いました。

同じ、ワンコの命を預かり、育てる飼い主として。
絶対あってはいけないことだと思います。

それは命だから。
飼い主の勝手で、それは絶対にいけないことだと思います。



センターの職員の方が、静かに話をしてくださいましたが、話を聞いていて、やはり問題は人の方にあると思いました。

ワンちゃんが、飼い主の腕を噛んでセンターに保護されたという話もあるそうです。

それって、ワンちゃんだけが悪いのでしょうか…?

ワンちゃんだけのせいにするというのは…。
違うと思うんです。

話を聞いていて飼い主として、やはり辛かったです。

施設の案内もして頂きました。

まずは外にいるワンちゃんたち
この時子犬の里親を希望されて見に来ている家族の方が二組いらしてました。

しばらく私達は少し離れて見ていたのですが、思いは同じ


『よかったね、幸せになるんだよ』と。

でも子犬はやがてからだも大きくなって、
でも大人になっても大事にしてもらえるといいな…ということ。

そしてふれあい犬として学校などに行き活動しているワンちゃんたちもいました。
明るくて遊びたそう。

私たちに何か話すように吠えたりしていました。

そして中の犬舎に、
お世話をしてくださる職員の方には頭が下がります。
ここでも私達が中に入ったとき一頭のワンちゃんがこれから里親に行くということで、リードに繋がれて、車の中のクレートに入るところでした。

新しい家で幸せになってもらいたいです。

そして大小の犬舎があり。
連絡がとれてもなかなか迎えに来ない飼い主をまっているワンちゃんもいました。

どの仔の顔もまともに見れませんでした。

私だって人間。
この仔たちをこうした飼い主も同じ人間。
ごめんねとこころの中で何度も謝りました。

この仔たちには罪はないと思うんです。

中でお世話をしてくださる職員の方は明るくワンちゃんたちに話しかけたりしています。
一頭ずつのことも話して下さいました。

昔よりはここに来る数は減ったものの、それでもまだまだいるということもおっしゃってました。

本当に頭が下がる思いです。

一通り見学させて頂いて、中の部屋に戻りました。

中では先ほど私達が座って話を聞いていた席で子犬の里親希望の方たちが、職員の方から話を聞いていたようでした。

こういう場ではやはり私達も口数も少なく気持ちも重くなりますが、最後に新しい家族との出会いがあったことに、ほっとする思いもありました。

まずは飼い主の意識を変えることが一番大事だとおもうのですが、
これが一番難しいことなんだと思いました。

意識を変える…
ただ、自分の飼ってるワンコちゃんをいとおしい、大事にするということが、どうしてこんなに難しいのだろうと思うとやはりため息が出ます。


いろいろと考えさせられた一日でした。


ご一緒したジ~コタ母さん、
風子さん、
ありがとうございました。














プロフィール

ジャムラ母

Author:ジャムラ母
2009年10月6日生
ロングコートチワワ 女の子ジャム
2012年6月8日生
ロングコートチワワ 女の子ララと
男子3人(夫・ブログの中では父と書いてます、長男、次男)と同居。

わんこトレーニング、家族の事、日常の事、
などなど勝手なつぶやき。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ワンコウォッチ[ジュエリック・シルバー]
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。