スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自信が強さと優しさになるように。

ここのところ『飼い主としての強さ』について考えてました。
私って変に弱い、迷うし、揺れるし、なかなか決められない・・^^;優柔不断なのか?!

以前ジャムを飼う前、でも飼うならチワワと決めていて。
チワワを飼いたくて、その当時はペットショップやインターネットで探していた時に、

当時一人の飼い主さんと、とてもお利口さんなワンコちゃんに会って。

その飼い主さんの紹介で、ジャムと出会ったのですが。

そのワンコちゃん全く吠えず、本当はいけないけれどよくノーリードで歩いてて。
飼い主さんから離れず、離れても呼ばれると戻ってくる。
とてもお利口さんに見えて、羨ましかったんです。

反対にすでにジャムは吠えていて、今よりひどかったんですよね。

その飼い主さんは『私が弱いからよ』と。

その人は今思えば『支配性理論』を語っていた人でした。
声も大きくて、No!と厳しく言ってた。

でも私はジャムにそれが出来なくて。

そして吠えのことでその飼い主さんに相談した時に

『あなたがそうやって揺れていてしっかりしてないからジャムちゃんは不安なのよ。飼い主は強くなければいけないのよ!』と言われたっけ。

そう言われても私は厳しくは出来なかった。
当時は厳しい=強さ
厳しくできない弱さ=優しいと思っていました。

でも私は厳しく、No!とか言えなくて。
だからジャムの吠えが治らないんだと思っていました。(ほんとはそんなことではなくて)

それまでは他のしつけ方法を、知らなくて。

ジャムとの暮らしが全く楽しくなかった。

ジャムもだろうな…
私といても、安心感もなく。
不安もたくさんあっただろう。

その飼い主さんとはその後またジャムの吠えのことで話をした時もやっぱり初めと同じ、

あなたが弱すぎる、もっとしっかりしなさいよ、また悩んでるの?…というような感じで。

私は今のように勉強もしていなかったので、犬のことがわからなかった。(今もまだまだ分からないこと多いですが)
そんなに弱い、弱いと言わないでと思いながらも、相談する人が周りにいなかったし。

問題行動がある犬と暮らしていて、やっぱり気持ちがぐらついたとき話を聞いてもらいたいと思っていたのですけど。

現在その人とは全く交流はありません。


今は信頼出来る先生とお仲間さんがいますから(*^^*)…
チャーリーママさんと、お仲間さんが^^

座学で学んで、お散歩トレーニングで歩ける場があります。

叱りのないトレーニングで学んでいる途中です。

そして疑問なところは質問したり勉強したり。

犬のことをいろいろな角度で勉強すると
わからなかったことが見えてきたり、
つながってきたり。

それが日々のジャムララとの暮らしに当てはまって。
トレーニング方法も犬にわかりやすく、私たち飼い主も追い込まれない。
そしていつでもできる、毎日できる。
やり方を勉強して『オヤツ』があれば・・。(この辺りは勉強が必要ですけど)

勉強して日々の暮らしが実践なわけで、続けていくとうまく出来たり
気づいたらクリアしてたり。そしてつまずいたらまた戻って勉強して質問して。
座学で学んで。
そうすると少しずつ・・・なるほど!と思い、自信もついてくる。
その自信が強さになる。
これは本当の自信だと思うのです。

強さ=真の強さ、一本筋の通った強さ=本当の優しさ・・・ではないのかなと思えるようになりました。
強さって威張ることでもないと思うのです。

だから私ももう少し自信持ってジャムララに接してもいいのかなと。

吠えないよ、ここはお母さんに任せて、という気持ちは変わらないけれど
堂々とインターセプト出来たり、でもそれは無理やりとかではなくてしっかりとガードする、
でも顔は真剣すぎず笑顔で。
ワンコちゃんが見上げた時の顔は大丈夫だよと笑顔でいる・・。

ここのところそのワンコちゃんの飼い主さんを思い出します。
今あったら、あの時の私とは少し違うと思うんですよね~~
でも言われるかな・・『相変わらず吠えるのね』と。
そうしたら私はこう言えます
慌てずに、
『犬だから吠えますよ、でも叱らずに今は吠えないよって伝えてますから大丈夫。』って。

その飼い主さんとは違う自信が少しはあるかな~^^少しですけど・・・。

勉強、犬のことを学んではじめよりは少し強い芯ができたかなぁと思うのですが・・。
でももっとしっかりと太い芯を作らなきゃ・・です!!
まだまだですけど。
ようやくです。ジャムララには

『お母さん、まだまだよ!』ってところでしょうけど^^;


もっと頑張らなくては~~と思っています。
















スポンサーサイト

杉並座学、テーマは攻撃性について。

今日は杉並座学を受けに行ってきました。

テーマは攻撃性について。

今日はまず自己紹介、攻撃性についての自分の考え方、普段の暮らしと悩みなどを
お仲間の皆さんに話すことから始まりました。

私は、
今まではどちらかというとジャムの『吠え』を気にしてきましたが、
今日は丸々ララの事を考える一日にしようと思いました。

ララは普段のお散歩で他のワンコちゃんと会うと
吠えながら寄っていき、飼い主さんのズボンのすそをかじります・・・
小さいから口がズボンの裾のあたりを噛むんです。

でもそうされても大抵は小さいから周りは許して下さいます。

『あらあら~小さくてオモチャみたいでかわいいね~』と。

でも私はララにそういう行動は『違うよね~』と教えてあげたいし、
そのような行動が出る前に私が何かできないだろうか・・?と思います。

小さくても、犬ですから。

取り組みは一緒ですよね。

今日はフレブルちゃんの飼い主さんの出席が多かったです~^^

内容が盛りだくさんなのですが。

チャーリーママさんが攻撃性の話からたくさんの話をして下さいます。

・・・
いきなりワンコちゃんは攻撃したりはしません、攻撃の前には
何かを守るということがあるのですよね。
ご飯の入ったお皿とかハウスとか、最大のものとして命。

座学でいつもママさんがお話しされる『生命の安全』の話。
これが守られているかがとても重要なことで。
そこには飼い主さんも含まれます。

安心していられる飼い主かどうか。

ジャムララにとって、私はどんな飼い主なのだろう・・。

最近ここのところを私は深く考えます。
前回の座学からズシンと響いているのですが、

飼い主としての凛とした芯のあるブレない強さ。

これはインターセプトするときにもとても重要なことです。
私に足りない部分です。

インターセプトは罰ではありません、というところの話で
学習理論の話もありました。

学習理論についてはチャーリーママさんのブログに詳しくあります~

私の弱いところは・・・
ズルズルと決められないところにあると思うのです。

最終的にジャムララに任せてしまっていたり、気持ちのどこかで
ジャムが吠えたりララがかじったりしても
『あ~またやってしまった・・』ということ、
つまり完全にというかきちんと私が止められていない、
『それは許可しないよ』を最後は許可してしまってること。
インターセプトが中途半端だったり、うまくジャムララに伝わっていないこと。

これはすべてに対して関係してくると思いました。
私がジャムララを絶対に守るという気持ちが。

興奮を鎮めるのも私が。
許可する、しないも私が。
もうおしまいの合図も。
ズルズルとしない、私がきめる。
しっかりしなくちゃ。

だからその『私』が安心で信頼できる飼い主でなければ、なのですよね。

攻撃行動が出る前にワンコちゃんが何かを守ったり、
我慢をしたり。

こんな時にもワンコちゃんたちはカーミングシグナルを出してるのですね。
私たちが気づかないだけみたいで。

これらのシグナルを私たちがわかってあげれば、
距離をとってあげたり、リードをゆるめてあげたりと。

攻撃行動にまでいかなくてすむ場合もあります。

ワンコちゃんが我慢すること、たとえばお手入れなどする時も
『ちょっとイヤだと思うけど少しだけさせてね』ということなども。
改めて古典的条件づけによって、一緒に乗り越えることが大切なことだと思いました。

苦手なものを、無条件にワンコちゃんが好きなものと対提示してそれをいいものとしていく作業なのですが。
これによって出来る二次強化子をたくさん作ること。
もともと意味のなかったものを最強のいいものにしていく。

これが興奮したわんこちゃんの気持ちを静めることの手助けにもなります。

そして所々で動画を見ての勉強もあります。
あ、そうそうゲームもありました。
そうそうゲームは見ているこちらもドキドキするんですよね!!
そうそう♪という言葉だけで正解に導きます。

最後に自分のワンコのご褒美を書き出す時間がありました。
みんなで発表もしあって^^この時間って幸せですよね~~

ジャムもララもいっぱいあります~
えっとララは私の脱ぎたての靴下がとっても好きで^^;
これもご褒美^^私が帰るといつも靴下を待っていて^^
脱いだのを奪い取り、しばらくカミカミしています~

変な女帝だわ^^;

まとまりのない内容ですが、
座学は所々笑いがあって^^
大真面目な時間ももちろんありますが(ほとんどは)
あっという間に時間も過ぎて。

帰るときには前向きになって。
早く家に帰ってジャムララに会いたいって思います。


今日も実りある時間でした。

チャーリーママさん
ご一緒の皆さん
ありがとうございました!!




マダムのための愛犬お手入れ講座、カット編。

今日は『マダムのための愛犬お手入れ講座』の日。
一応これでおしまいなのですが・・・。

足回り、おなか回り、お尻回りのカットです。
体のほうは今回はしません。

今日もトリマーの石川さんが教えてくださいました。

ジャムとララと2ワンするのですが、
ララはもうじっとしていることが・・・
というより
私の保定がダメなんですね^^;

なんとか終わったのはもう時間も半分以上使ってしまい、
もう一度爪切りを教えてもらいたかったのですが

私がギブアップしてしまい、
ジャムの時にすることになりました。

ララの後のジャムは
な~んてお利口さんというくらいやりやすくて^^

講座の時間は1時間30分なのですがあっという間に
終了です。

3回コースなのですが、
私がまともに出来るようになったのは、洗えなかった顔を洗えるようになったこと、
耳掃除、爪切りはジャムだけ^^;でも時間はかかる・・。
肛門腺は何日か前に家でシャンプーした時にやってみたら出来なくて・・・
今日もう一度教えてもらいました。

ララに関しては・・・ほとんどできないな・・。

やっぱりトリマーさんのようには無理。
そりゃそうですよね、プロでそれを仕事としてる方が何年もかけてきたことを
ほんの数回で出来るわけもなく。

でもちょっとしたコツや
それぞれ行う箇所の注意することなど
やはり間近で見ながら手とり足とり、
我がワンコをモデルにして教えていただけたことは
とても貴重な時間で、毎回楽しみでした。

それと改めて感じた『古典的条件づけ』の大切さ。
保定の仕方と。
あと先日の横浜座学でお話のあった『飼い主としての凛とした強さ』。

無理やりやるのではなくて少しずつ慣らしながらやるということ。
実際、シャンプーなどでサロンに預けてしまう時は
トリマーさんがチャッチャとこなすわけだから、それは別としても。

たとえば今日もララが動いて動いて仕方ない時も
そこは『ハイ!爪を切るからね、少し辛抱してね』とか・・・
こう・・・ズルズルと私がもたもたしないというか・・
そこは無理やりではなくて、堂々とやりこなす事なんですけど。

今日も、『・・も』なんですけどララにやられてしまった感が・・・ありました^^;

私の一番足りないと思うところ、『凛とした強さ』というか、1本筋の通った強さというか・・・。

こういう自分の弱いところって
お散歩以外でもでてしまうんですね。

またまた勉強です。

今回の講座はあまりにも必死になりすぎて
まったく写真が撮れなくて^^;
家に帰ってからジャムだけ撮ってみました。

DSC04874.jpg

足と。

DSC04875.jpg

おしり回りと。

DSC04876.jpg

おなかはバリカンで。
右半分は石川さん左半分は私がカットしました~。

そして

DSC04882.jpg

こちらの女帝ははヘトヘトで写真すら撮れず^^;

今回の講座はほんの入り口。
当然プロのようにできるようになることは初めからそれを目的としたわけではなくて、
そんな大それたことを考えていたわけではありません。
何年もかけて身に着けたプロのお仕事ですから、
私も人の髪の毛のプロでしたし・・。
簡単に素人が出来るようには、ですが・・。

やがてジャムラズが歳をとってサロンに預けることができなくなる前に
私が一通りのお手入れができれば
それがジャムラズにとって安心なのではないのかなと思い受けてみました。

もちろん、コロにもです。

いつもジャムラズを預けてるサロンの中でシャンプー、ドライ、カットを教えていただくことは
なかなかないことだと思いました。

最後に石川さんが『言葉が足りなくうまく教えられたでしょうか?』と心配していただきましたが
もう十分。手取り足取りとはこういうことだと思うくらいに親切に教えていただいたんです。

石川さん、ありがとうございました!
でもたまに今までよりは回数減りますが
ジャムラズお世話になると思います^^;

・・・・と、これでマダムの講座はいったん終了です~~









14.6.5 秋ヶ瀬お散歩トレーニング。

雨が心配の中、
奇跡的に!!
パラリとはところどころあってもほとんど気にならずに
気温も高くなく、歩けました!

『気にならずに・・』は私とララ。
ジャムは少しテンション下がり気味。
足元も濡れてジャムには気が乗らない感じだったかも・・。

でもそこは、『ノリノリ♪』な気分にはならなくても
『お母さんが行くならついて行こうかな・・おやつももらえるし。』と
ジャムが歩いてくれることを目指します。

なんて、ハードル低い?ですか?
でもでも
こんな時のジャムにはそれが結構大変なのです。

飼い主に集中したり、ついて行くためのいろいろな条件づけが必要で。
私とジャムはまだ途中です。

何か一点にじぃっと見つめてその動きが変化するとジャムは吠えます。
なので足でインターセプトしたりするのですが
その『足』が不快なものではないように
目の前をちらっとしたら気が背けられるような条件づけもされてないと
足もただジャムにとってはイラツクだけのものになってしまうし。

あとは軽く動かして気を紛らわしたり。マグネットで誘導なんですけど。
ジャムは今一つなところです。

始まりから芝刈り機の音が気になったりもしていたようで・・。
まぁ、仕方ないね~~
でも
それでも歩くよ~・・・を、めざします。

ジャムの表情みると何となくどんより曇っているし
シッポも下がっていて『いやだよ・・・』って言ってるのがわかります。
そういうときはその場に止まって『名前を呼んでオヤツ』をしたり
そうすると歩く時もあります^^;

よしよし・・・気持ちはわかるけどでも歩いてみよう!という気持ちを込めて。

こういうときに無理やり引っ張ったりは絶対しません。
ジャムの気持ちに反することになりますもんね。
気持ちは聞くよ、でもおかあさんといっしょに行こうよ、どう?っていう気持ちです。

こんな時でもララはお構いなしで歩くし、におい嗅ぎもします。ジャムとララが離れすぎて私が歩きずらくなったら
今のところはララを呼んで、ジャムのところに来てもらって、
また一緒に歩きます。

こんな感じなので歩いてるうちにお仲間の皆さんとはかなり距離ができます。

でも時々ですよ。
追いついて歩けるときもありますから。

でも今日は結構距離があいて、広場には最後に到着です。
歩く途中ではここのところララはオレオちゃんとくっついたり離れたり、遊んだりして進みます・・・
後戻りもしますけど・・^^;
そんなときもジャムは
『私はかかわらないわよ』という風な感じで私の後ろや横にいて、ララとオレオちゃんから離れています。

前後しましたが自己紹介の時にチャーリーママさんから
『社会化』についてのお話がありました。

社会化、これはいろいろなとらえ方がありますよね。

私は、ジャムとララにはいろんなこと、(場所とか物、人、なんでも)いろいろと経験させてあげたいし
慣らしてあげたいと思います。
初めてのものでもそうでなくても、
何度でも。いつでも。そしてそこにはいつも私が傍にいたいなと思います。

そして基礎トレ。モカのんママさんの名前を呼んでオヤツ。説明も素晴らしいしモカのんちゃんも上手です。
ルビーちゃんとカエデさんのマグネットも。
れあちゃん、れあままさんのオンリードのおいでも。

デモの間、今日はジャムもララもわりと静かでした。
ジャムは私の後ろにいることが多かったなぁ。私の後ろにいるときは落ち着いてる時が多くて
私の前にいるときは何か確認したいことが多くてジィッと見てる・・・前のめりになってる時もあるから
要注意!

ジャムは。
プレイバウして遊びに誘ったり、並んでほかのワンコちゃんと一緒に歩いたりはしません。
何か確認したいときはガンガン前に進むけど、
それ以外はあまり周りとはかかわりたくないと思っているのかな・・。
私の後ろにいるときは落ち着いているときなのかなぁ・・。

でもここでは名前をたくさん呼ばれて、オヤツもたくさんもらえて、
食べること、とくにオヤツが大好きなジャムは散トレの場が好きなようです。

散トレの場はジャムもララののびのびしてるように自分らしくいられるような気がします。

私はジャムララがのびのびできるように今日はリードの張りに気を付けることが目標でした。
前に行けそうならそのように、隠れたいならそのように。
そして隠れたいなら無理に前に出したりしないでその場で見守るというか。

後半の移動はジャムはほとんど抱っこでした。
でもこれはもうジャムも頑張ったしこれ以上無理しなくてもいいよ、とわたしも思ったからで。
でも歩きたいララにはとことん歩いて付き合って。
私もジャムララに合わせて歩けたと思います。


そしてわからないところ、疑問点はママさんに質問して。

散トレはそんなところなので私にとっても居やすい、安心できる場所です。

これから暑くなる時期は夏休みで、散トレは休みです。
でも座学などで勉強して、もっとジャムとララに近づくことができれば嬉しいです。

コミュニケーションのキャッチボールが出来るように。

お互い『了解だよ』とか『それをするよりこっちはどう?』みたいなことができたら
とってもステキなことだと思います。

と今日はこんなことを思いました。
あともう一つ思ったことがあって、
これはまたこの次に~~
今回は写真がなくてスミマセン、です。

遠くから来ていただいてますチャーリーママさん
幹事のカエデさん
ご一緒のみなさん

今日もありがとうございました。
秋からまたよろしくお願いします。


『ボクは可哀想なんかじゃないよ。』

今日は久しぶりに実家へ行き
コロに会ってきました~

DSC04850.jpg

私のこと覚えてくれてるね!!
嬉しい~

DSC04854.jpg

2回くるくるっと回って伏せるよね~~
コロ流のご挨拶なのかな??

おみやげのたまごちゃんとおやつとかいろいろ持って・・・
コロのフィラリアの薬を飲ませることと
シャンプードライ、バリカンでカットに来ましたよ~~

DSC04848.jpg

暑いから、おなかの毛も切りたいなぁと思ってるんだよね~~

DSC04849.jpg

コロ~カメラは苦手かな~??

コロは実家のワンコになってちょうど1か月です。

1度だけ吠えたようで・・・(私の弟に^^;)

DSC04852.jpg


まだ私はコロの声を聴いたことがありません。
シャンプーのとき『ングーーングーー・・・』と鼻鳴らすくらい^^;

今日のシャンプーも鼻を鳴らして^^;
頑張りました!!

DSC04851.jpg

そのあと
フィラリアの薬をクリームチーズでくるんで

ペロっと食べました。

お利口さんだね!!!

コロの身の回りのお世話はほとんど父がしてるので^^;
一緒に寝るのも父^^
朝イチのチッコのために外にでるのも父。
とても父になついています^^

母はごはんとお散歩ショートコースを。
あと、父がシルバーの仕事で留守の時は
母とお留守番。

コロはもう一人ぼっちじゃないね^^

『コロ~♪』と呼ぶと振り向きます。
もちろん、私が呼んでも振り向きます^^

名前が好いものになってると思います~

私も実家に行ったら
まず名前を呼んでオヤツでコロに挨拶しますから^^

DSC04857.jpg

『マダムのための~』の講座ではまだハサミでのカットはしてないので
バリカンでカットします^^;

DSC04858.jpg

おなかをカットしたかったのですが
苦手かな~?
おなか触られるのにビクっとするので軽くすませて。

結構すっきり刈りました^^

DSC04859.jpg

体重を測ったら、2キロでした。
ジャムより少し大きいけど。
このくらいがちょうどいいかな~??

ワンパースさんでは
『少しやせ気味なのでもう少し体重が増えてもいいかな』と
言われてましたから。

おやつたくさんもらってね^^
ごはんももりもり食べてるみたいだし。
そして
よく寝てるようです。

DSC04860.jpg

う~~~ん^^;
まだジャムラズとは対面していません^^;

涼しく秋ぐらいでいいかなと思っています。
まだ
とにかく実家にきて1か月です。
でももっと前からいたような・・・^^
そのくらいなじんでは見えます。

コロの今までの犬生を思うと・・・
初めてワンパースさんで会ったときのこと、

薄汚れてて、狭いクレートの中にいて
救い出されたばかりのコロは。

それでもクレートの中でニコニコ、ヘラヘラ笑ってて。

『ボクはちっとも可哀想じゃないよ』って言ってるふうに見えたんですよね。
思い出すとウルっとくるけど、

ホント、いい仔なんでしょうね。


今度は狂犬病の注射をして、去勢と歯の手術の予約に病院へ
私もまた同行します!!

また病院だから、コロには頑張ってもらわなくちゃ^^





プロフィール

ジャムラ母

Author:ジャムラ母
2009年10月6日生
ロングコートチワワ 女の子ジャム
2012年6月8日生
ロングコートチワワ 女の子ララと
男子3人(夫・ブログの中では父と書いてます、長男、次男)と同居。

わんこトレーニング、家族の事、日常の事、
などなど勝手なつぶやき。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ワンコウォッチ[ジュエリック・シルバー]
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。