スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お母さんのお勉強、まずは7月。

やっと8月、早く暑い夏はとっとと過ぎてほしいので。『やっと8月か~』という感じです。

散トレが夏休みの間は飼い主力あげるためにいろいろとお勉強をします。
学生時代よりも楽しいお勉強。

今回もチャーリーママさんの座学に横浜とさいたまへ行ってきました。
だいぶ日にちがたってしまったのですが、忘れないようにまとめておこうと思います。

少し長めです~^^;
写真は少な目で(座学とは関係のないジャムラズの写真です^^;)


横浜ではリード使いについて、さいたまでは犬との暮らし犬とはどんな動物か、です。

ここのところ私の中でいろいろとピカッときたことやバラバラのパズルが少しずつつながってきたところもあります。
ようやく、やっとですが、まだ少し靄の中にいますが、先が少し見えてきたような・・・^^

『そこに向かえばいいんだ』と
なんとなくですが・・・。

リードはワンコちゃんと飼い主をつなぐものですが、飼い主の都合のいいものになってはいけないですよね。
ワンコちゃんにとっても『まるでノーリードのような』使い方を私たちが学ばないと
リードはワンコちゃんにとって『嫌なもの』や『何かの合図のようなもの』になったしまったりするので
気を付けないといけません。

基本はリードはゆるゆるで・・・。なのですがその時の状況によってやはり『張ってしまう』こともあります。

その『張り』を感じないように進む歩き方、リードの持ち方ですよね、これも毎回チャーリーママさんから
お話があります。

動画も見ながら講義は進みます、今まで張っていたワンコちゃんのリードをママさんが持って歩くと・・・
ワンコちゃんの歩き方が全然違います。

私もジャムラズのためにしっかり身に着けないと!!

ジャムラズのお散歩のときに出る吠えはリードの張りも理由の一つだと思っています。
ジャムラズの呼吸と歩調に私が合わせることは毎日のお散歩でお互いが心地よく歩くためには大切です。
基本は『犬に着いていく』、離れたらこちらから寄っていく、決してリードで呼ぼうとしないこと。
そしてリードは常に緩める、を意識すること。
意識することってとても大事です。

心地よく歩けるようになるということは、
『お母さんと歩くのが嬉しい!楽しい!』
となってもらえるように(^.^)
これもお互いが楽しく歩くためのポイントですよね(^.^)

まずはリードでつながることが嫌なことにならないように。
ジャムラズは小さいけれど小さくて人の力で何とかなりそうな小型犬ですが、
気を遣うことは一緒です。
常にゆるゆるでいること・・。
でもこれが『吠え』が出る時は難しいのです。
吠えが先かリードの張るのが先か・・・?張ってるんですよね。
座学中に見る動画でもあるのですが、スローモーションでみるその動画は張りが微妙に先なのと一緒で

無意識に張ってしまってるジャムラズのリード。
だから張らずにいられる距離を保つことがまずは始めに私がすることで、
そうか、やっぱり安心な距離を保つことは大事なことなんだな、とここでもそう思いました。

むやみに近づかない、近づきそうになったら離れる勇気も時には必要で(ジャムラズの場合は)
その時に近づかれそうになったら、犬任せにしないで私から(飼い主から)声をかけてもいいと思う
『お先にどうぞ』とか『犬は苦手なので、失礼します』などと声をかけて離れる、回避する、ですね。
間に合わないとき(不意にきた敵?や入る脇道がないときは)インターセプトですが、まずは私に集中できるか、
ここも大事ですよね、敵?を見ないで私を見ること。そのために壁になる・・・。(リードは真上に保つように・・?)
それでも敵を見てしまったら・・それでも壁になる!!!断固として私が壁になって、見なくていいんだよを態度で
伝える・・・今はここが難しいところです。
なかなか壁になり切れず^^;

でも私が飼い主なんだから私がやらなくちゃ。

犬との暮らしはあまりかたく考えず、ゆるゆるに。
完璧を求めず。でも『飼い主としての芯』はしっかりと。

そして仲良くなるためのまず大切なことで『犬のことを知る』こと。

犬のことを知らないとお互いに『おかしいな?こんなはずじゃなかった・・』
と楽しいはずの犬との暮らしが…

もっとこちらから歩み寄って犬のことを知った方が、きっと暮らしやすくなると思うのです。
人間の思い込みで違って伝わっていたりするところをこちらが犬のことをわかってあげれば
『そうなんだね』
と、『今はそうしたいんだね』というような…寄り添ってあげられるような…
上手く表現するのは難しいのですけど。

そして、まずは犬が安心して暮らせるように、これは飼い主としての義務だと思います。

ママさんは毎回『犬の七つの欲求階層』の話をしてくださいます。
これは犬との暮らしでとても大切なことで特に『生命の安全』は飼い主は絶対に守らなければいけないと思います。

環境(飼い主含め)は安心、安全なのか?
犬にとって安心できる飼い主なのか?
犬が頼れる飼い主であるのか?

これが全部生命の安全に含まれます。
家の中だから安心とか、そういった問題ではないんですよね。

これも犬のことを知らないと守ってあげられないことになります。飼い主(人が)が考える安全と犬側の安全と。
こちらから(飼い主側が)歩み寄って考えないといけないことだとおもうのです。

DSC03610.jpg

ママさんが仰いました。
『犬は大抵のことは我慢してくれている』人に合わせてくれるそうです。
ジャムラズはあんなに小さいのに、私のことをたいていは受け入れてくれて我慢してくれてるのかな・・と思うと
いじらしくてさらに愛おしくなりました。

《私がしっかりと守らなくちゃ》

今回の2回の座学で私の心に残ったママさんの言葉。

『歩くこと、散歩そのものがご褒美になるように』

一緒に歩くこと、毎日のお散歩がジャムラズのご褒美に^^
それは私にとってもご褒美かな~

つい最近朝のお散歩で一緒に歩いたご近所さんに
『ジャムちゃん、ララちゃんと別々に2回行くのは大変でしょう?えらいですね』って。

で、私は、
『2回歩くのは大変ではないですよ、かえって朝は目が覚めるしいい運動だから』と言ったのですけど。

ジャムとララは歩き方が違うので、一緒よりも別のほうが私も歩きやすいし、目が届くし。
1対1でそれぞれたっぷりと向き合えるのは幸せかな~と思っています。

ジャムララそれぞれ発見があって面白い!!

DSC03626.jpg

そんなこんな7月のジャムラズと私。

たくさんの気づきをいつも頂いてますママさんの座学。
犬のことで悩んでいる飼い主さんがいたら一人でも多くママさんのブログにたどり着けますように。
自分のワンコが愛おしくて大好きになる犬についてのお勉強、座学です。

チャーリーママさん、

横浜幹事のsamiさん、てりままさん
さいたま幹事のカエデさん、PCなどのセット、のえままさん

ありがとうございました。





スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ジャムラ母

Author:ジャムラ母
2009年10月6日生
ロングコートチワワ 女の子ジャム
2012年6月8日生
ロングコートチワワ 女の子ララと
男子3人(夫・ブログの中では父と書いてます、長男、次男)と同居。

わんこトレーニング、家族の事、日常の事、
などなど勝手なつぶやき。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ワンコウォッチ[ジュエリック・シルバー]
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。